ゲームログ

#5 FARCRY5 最終回

さて、とうとう長い戦いも今日で終わる。うーむ悲しい。

今日のスクショ

ジョセフシードに会いに行こう!
ということで敷地内に入ったのだが誰もいない…こわい。
本当に誰もいない。
しかもこういったメインクエストは仲間たちも召喚できないので突然孤独になるのだ。さみしいよ。
さっきまでハークの「この熊おっきいなあ!うさぎでケツをふいてんじゃねーか」みたいなお馬鹿発言を聞きながら旅してたのに。

「立ち去る」エンディング

いた!と思ったら仲間を人質にされてる!しかも薬で操られちゃってる仲間もいるじゃん。

「君の仲間を殺すことができるが、しない。なぜなら神が見ているから。立ち去り、もう二度と私たちに構わないほしい。神が見ている。」
なんだと!?いい人じゃん。私がジョセフの兄弟たちを殺したことを水に流してくれるというのかい。

ということで迷うことなく「立ち去る」の一択。

ということで本当にただ立ち去るだけになってしまった。
でも薬で操られた仲間たちはそのまま。まあしょうがない。
なんだか関わってしまった私も悪いし…という気分になっている(ジョセフの思惑通り?)。

しかし車内のラジオでオンリーユーが流れたとたん、また気を失ってしまう主人公。そこで「立ち去る」を選んだエンディングは終了である。うほー!良い!

しかし、これはバッドエンドを選んでしまったようだ。
でも分かり合えないからもうお互い干渉するのやめよう?許しあおう?っていうのすごいよかった。
何も解決していないかもしれないが、分かり合えない人たちというのは確実にいて、各々の価値観で干渉しあわず生活ができるんならそれが一番いいよね。

「抵抗する」エンディング

こうなったら「抵抗する」を選択した時のエンディングも見たい。ということでプレイ。

めっちゃ怒らせてしまったようだwwww
そりゃあそうだ!wwww

予想以上に大混乱の銃撃戦!
操られている仲間を瀕死にしてから助けて仲間に!
だけどもう一度瀕死になった時に今度はジョセフが助けて、またあちらのお仲間に…!ぐぬぬ。

さらに瀕死を助けようとボタンを押すのに銃を取り換えるコマンドも隣り合ってて何度も銃を取り替えちまう!
そうやってもたもたしているうちにまた仲間たちが操られていく〜
どんちゃん騒ぎの戦い!

そんなこんなでジョセフが逮捕される。
ジョセフよごめん…と思っていたら…

世界の終末がいま来たようだぞ!なんと!
ジョセフすげえ!只者ではない。

ジョセフも一緒にみんなでバンカーへ移動!
こういう時のためのバンカーや!
世界の終末感がやばい。どこもかしこも焼けている。

しかし途中でハンドル操作を誤り、ぶつかった衝撃で私以外の人たちが意識を失ってしまった。(死んだ?)

目を開けるとそこはバンカー。そしてジョセフがー!
私たちだけ助かったようね…。

「兄弟も殺されて憎い。けれどもう私たちしかいない。私たちは家族だ。私が親で、君は子供だ。私は君の親だ。」
とくつろいだジョセフはにこにこしてこっちを見るのだった。

なんとー!
こちらのエンディングもめちゃめちゃいい!
もはやジョセフが愛しい愛しい超かわいい。
私のことだけ助けてくれるなんてどんだけ私のこと好きなのー。
てゆーか1人じゃさみしかったの?もおおおかわいいー!

いやーおもしろかった!
最後の最後まで飽きずにクリアできた(嘘)
数ヶ月ブランクを開けつつ、クリアしました。
FARCRYって同じことばかりするから、途中どうしてもだらけてしまうんだよね。
だから飽きたら一旦別のゲームを楽しむのはいいのかもしれない。

しっかりエンディングまでやると、続編のFARCRY New Dawnもめっちゃやりたくなっちゃうじゃんね。

でも明日からはアサシンクリードオリジンズを再開するよ!
こっちも楽しみにしていた。
(そもそもアサシンクリードオリジンズを遊んでたら、飽きて辞めてたFARCRY5を急に遊びたくなってうつったという経緯があるのだ!)

そうしてアサシンクロードオリジンズを遊んでいる途中で…
あつまれどうぶつの森が発売してしまうんだーい!
どんどん進めなければ…!

それでは最後まで読んでくださってありがとう。あなたは優しい人ね。幸あれ!

\よければいいねしてね!/

-ゲームログ
-

© 2020 ofton おふとんぶろぐ Powered by AFFINGER5